北海道 「道の駅 おといねっぷ」を調べてみました!

旅行

北海道 「道の駅 おといねっぷ」を調べてみました!
  • <
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

木のぬくもりが伝わるレストハウスで、名物のおといねっぷそばを味わえる道の駅

道の駅おといねっぷのキャッチフレーズは
「森と匠(たくみ)の村」をイメージした
木のぬくもり漂う道の駅です。

落ち着いた雰囲気のレストランでは
おといねっぷの名物「音威子府そば」を
提供しています。

音威子府そばはそば殻ごと挽いたそば粉を
使用しているため、麺の色が真っ黒なのが
特徴となっています。

太くてコシが強く、食べ応えも十分です。
その他、地元で採れた山菜やはちみつ、
羊羹などの特産品やソフトクリームの販売も
あります。

2階には音威子府村の情報が展示されている
スペースもあるのでチェックしてみては
いかがでしょうか?


道の駅の「麺屋一ふじ」で食べられる音威子府蕎麦

全国でも非常に珍しい蕎麦『音威子府蕎麦』を
ご存じですか? その黒い外見と香ばしい蕎麦の
香を知れば誰でも病みつきになってしまうという
黒い魔法の蕎麦です。

この蕎麦を食べるために、音威子府村へくる
観光客もたくさんいるそうです。

この黒い蕎麦が生み出される秘訣は、通常
取り除かれるはずの甘皮をそのままに挽いて
いれる「挽きぐるみ」という製法で作られて
いるからです。

蕎麦が本来持っている甘味と風味、そして
野性味すらも閉じ込めた、これ以上ほど
ない純粋な蕎麦です。

「道の駅おといねっぷ」にある蕎麦処
「麺屋一ふじ」でたべられます。


同店の蕎麦は音威子府村にある畠山製
麺所が製造していて、その発祥はもと
もと音威子府にあった天北線(1989年廃線)
の駅そばが発祥であったと言われています。

当時、音威子府は天北線の分岐点であった
ために、駅のホームで乗り換えの待ち時間に
お客さんが、駅のホームで食べられるものを
と駅蕎麦が作られ、そこでこの音威子府蕎麦
が生まれたそうです。

この蕎麦の味が評判となり、全国から集まる
鉄道ファンが音威子府で蕎麦を食べていたそう
なのですが、その特徴的な蕎麦の噂が徐々に
広がり、音威子府の街中にも多くの蕎麦屋さん
ができたのですが、天北線の廃止や少子高齢化
の影響もあり、次第にお店が減ってきている
そうです。

もりそば

肉そば

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。